子供 低身長

子供の低身長は遺伝でも改善できないものでもない!

子供が低身長。
親や兄弟も低身長な場合は、これは遺伝だから仕方がない…と諦めていませんか?
確かに遺伝で低身長な子供はいますが、みんながみんな遺伝で低身長ではありません。
たまに見かけませんか?
親は低身長なのに子供はかなり身長が高い子供。

 

遺伝だからといって諦めてしまうのは本当に勿体ない!!!
成長期に身長を伸ばす必要なことを紹介するので是非、実践してみてください。

 

低身長で悩まないためには3つ大事なことがあります。

 

1つ目は睡眠です。
睡眠は身長を伸ばすためには必要不可欠なんです。
ただ寝少しでも寝れば良いという問題ではありません。
深い眠りに入っているときに成長ホルモンが多く分泌されます。
睡眠時間が短いと、成長ホルモンの分泌も少なく低身長という結果になってしまいます。

 

2つ目は栄養。
食事でバランス良く栄養を摂ることもとても大事。
身長を伸ばすためには、

 

・タンパク質
・カルシウム
・マグネシウム
・ビタミンD

 

などを積極的に摂ってもらいたい。

 

3つ目は運動です。
運動することによって刺激を与えるのも効果的!
激しすぎる運動よりも適度に運動するのが1番です!
激しい運動をすりゃ身長が伸びるということではないので
勘違いしまないように気を付けてください。

 

低身長にならないためにも、睡眠・栄養・運動を意識して生活してください。

子供に効き目があるなら、大人にだって効果あるはず!

低身長で悩んでいる方は子供だけではありませんよね。
成長期が終わったけど周りの同年代の人と比べると低身長な方は結構います。
低身長を気にされていない方なら良いと思いますが、
低身長を悩んでいる方の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

特に男性の方で低身長にコンプレックスを持っている方が非常に多い。
そこで成長期の終わった大人には効果があるのでしょうか?
調べてみました!!

 

成長期は一般的に18歳頃までと言われていますが、
成長期の時期は子供によって違います。
18歳までに成長期が終わる子供もいれば、
18歳を過ぎてもまだ成長期という子供もいます。

 

どちらにせよ、成長期の間は身長がグングン伸びたりと成長が著しいですが
大人になってからはそうはいかない。

 

特に大人になって社会人になると、付き合いや仕事・接待などで先程紹介させてもらった
「睡眠」「栄養」「運動」を習慣にするのは難しいですよね…

 

そこで、無理だな…と思い込まずに少しでも実践することが大事。
実際の20代の方でまだ少しずつ身長が伸びているという方はいます!

 

習慣にすることが難しくても、余裕があるときに意識して
3つの要素を生活に取り入れるようにしてみてください。

 

⇒ロート製薬【セノビック】の詳細はこちら

 

セノビックの効果!大人でも効果があるの?|TOPへ